前後と、それから

6/9に、この話をしてから10日。
「何を言われようが仕方がない」。事前に予想出来うることは対策をした上でのエントリ公開であったにも関わらず「おかえりなさい」やそれに近い言葉をかけて頂けたり、特にそこでコメントはなくとも "新生14にやってきた同じプレイヤー" として普通に接して頂けたりと、こちらの想定は良い方向に外れたように感じた、短いようで長い10日間となった。
いや…表に出していないだけで、本当は言いたいこと山ほどある人も中にはいると思う。けど言いたかったことを踏まえた上でもそう接して頂けた言葉の向こうを考えた時、なんとありがたいことかとモニタの前でひっそり泣きそうになることが本当に何度もあった。
今回の一連の流れに置ける原因のひとつには非常に大きな人間不信があったのに、それが人の接し方によって救われるとは全く思っていなかったからだ。

----------

そうして新生FF14二度目の拡張「紅蓮の解放者」が始まる。
実装直後にトラブルでメインクエストが進まない事態となり、マウントでかけずり回ってFATEをひたすら繰り返して改善されるのを待った。このFATE連戦は(メインクエスト進行に対してLvが足りなくなった)Lv50直前で数時間似たような体験をしたきりであり、数段大規模にプレイヤーが移動連戦する様は初めての光景。これはこれで楽しかったと思う。
トラブル解消後に進めたメインクエストも、最初から最後まで野良で進行したものの「みんな最初はわからないから! オッケー!」であったりとか、既に周回突入していながら「ここはこうなんですよ」と丁寧に教えて頂けたりとか、何故かみんな踊ってから戦闘突入するとか、虫の出てこないバトルなのに(中の人の)昆虫耐性を何故か聞かれるとか、総じて楽しく終えられ良い巡り合わせだったと感じる。
きっとその内周回前提になると、こうじゃなくなってしまうかも知れないけれど。

そのような巡り合わせの良さもあり、メインクエストは無事にアーリーアクセス期間中にスタッフロールまで見終えることが出来た。比較的LSや周囲と比べると早い方ではあるようで、これには理由があり先に片付けておかないと知り合いの手伝いを「場数を踏む」訓練の場に出来ないからだ。自分にとって今最も足りないのは、場数の大きな欠如による判断の鈍さとわかっている。周りの人達には(ウチが個人的な事情で手をつけられなかった3年分の)場数と蓄積がある。
野良のノリが良い内に、皆で対策を相談しながらクリアする。そのあと知り合いの手伝いをすることで自分の中に定着させる。後から追いついていって「予習は必要なんだという前提がある」+「予習したけどよくわからない、でも過ぎてしまった」はつらくなる。6/9以前ではこれが一番つらかった。メインクエスト3.xの後半は胃のダメージも無視出来ないレベルで大きくなってしまい。


ここから先はより難しかったり、ひたすら周回することになるダンジョンであったりとかが待ち構えている。これらはLSや知人の進捗を待ち一緒にやりたいと思う。これはFF11におけるアビセア時代のプレイスタイルに非常に近く、あの頃はバトルのトリガーアイテムを平日にソロや少人数で集め、難易度の高くないものは野良でこなし、週末に仲間でトリガーアイテムを持ち寄ってわいわいやっていた。あれが非常に楽しかったのだ。
ゲームが違うので同じようには行かないが、メンタルの保全的な意味でも似たような落とし所には持っていきたい。ウチはMMOの中での新たな出会いを今はそんなに求めていないし、「ここはこうした方がいいんだよ」と言える環境にあるような身内に引っ込むプレイで良い。何より「モニタと自分の間に何か薄く挟まっているような、思考の阻害をするもの」は、今もずっと引きずっているから、難易度の高いものを状況の厳しい野良でやっていたらメンタルが耐えられない。
今の「自分でも出来ること」とそうでないことの境界線はこの辺りだと思っている。


このゲームは明らかに難しいゲームだ。そして経緯というものがあった。けれどここに来ると決めた以上、少しでも長く続くようには心がけたい。
まだまだ道は半ばだ。

f:id:Yumeka:20170620120117p:plain

広告を非表示にする

還る理由

SAO O.Sを封切初日に鑑賞。
良くも悪くも思っていた通りの出来だった。驚いたのはスタッフロール後の最後のカットくらいだと思う。
それはさておいて。

作中、ARゲームの台頭によりALOやGGOをはじめとする完全没入型VRゲームのプレイヤー人口が減少していく描写が何度も見られた。そんな描写の中で「またみなさんが還って来ることを」云々と、発言しているシーンがある。
残念ながら、きっとそのようなことにはならないだろう…と思いながら観ていた。


非常に勘違いしやすいが、同じ界隈にいることが同じ意味での好きな集まりではない。その中には「コンテンツの世界観が好き」もあれば「流行ってるものが好き」「人と触れ合えるから好き」「ぶっちゃけただの腰掛け」まで含まれる。単にゲーム好きと言っても格ゲー好きから音ゲー好き、シューターまで様々いるように。
この中で「一時的に離れてもまた戻る」のは、そこに戻らなければならない唯一無二の理由がある場合のみだ。人が目的ならその理由にはなりえない。そこに戻らなければ得られないものとは、そこにしかない特徴…コンテンツ自体の特徴や世界観。そのレベルで好きな人というのは、決して多くはない。現実を見てもソシャゲやアニメの流行り廃りなどは極端で、まるで民族移動のような大規模な変化がしばしば発生する。
世界観レベルでの好きとこの民族移動の様子を、同じ「好き」で括るのは余りにも乱暴というものだ。

人が減ってしまった側に残る者の願い自体はとてもわかる。しかしそれほど人は良心のみで動いたりはしないし、そしてコンテンツに根ざす理由を持たぬ者には、その願いすらも届かない。仕方がないが、流れとはそういうものなのである。
どこまで意図してああいう描写を入れたのかは不明だが、個人的には印象に残ったシーンだった。


----------

5年後、10年後、自分は何を語っているだろうか。
その時に5年前、10年前のことを「忘れた」で済まさないようではありたいと思う。

広告を非表示にする

2017年

大体1年の展望なんてのはその通りにいかないものだ。

2016年は特にそれのオンパレードだった気もする。自分にとっての2016年とはμ'sファイナルライブがあり、キンプリがまさかの興収を叩き出し4DXを実現させた前半時点で終わっているつもりだった。残りの半年は適当に。
ところが本番はむしろそれ以後だった。映画では「シン・ゴジラ」がやって来て「君の名は。」がやって来た。他にも「この世界の片隅に」や「聲の形」など夏以後は話題作が途切れることはなかったし、更にキンプリが応援上映を広く周知させた結果これら2作含め大型作品でも同種の企画が次々行われるようにもなった。
1年前には想像出来たとしても寝言レベルだったことが今や普通に現実である。世の中の流れはマジ速い。
 
さて、何が起こるかわからないとは言っても個人的な指針みたいなものは一応ある。
一応去年の今頃で意識しつつはあったが本格化していなかったこととして、「メインストリームからもっと外れる」が2017年は進むと思う。これはそういう指針というより指針の結果としてそうなるという見込み。
ここ3年ほど、部分的ではあるがメインストリームの只中でワチャワチャしていた感覚がある。元々流行りに次々乗っていくタイプではない自分にすれば、それはそれで楽しいことも新しい体験も数多くの気付きを得ることも出来たが、それまでやっていたことが犠牲になっていく状況に少しずつフラストレーションが溜まっていたことも事実。
2016年はその解消が途上の状態だったので引き続き努めつつ、(自分にとっては)かなり重大な問題になっている「日本語力の足りてなさ」への取り組みがまずは目下に迫る課題といったところか。

今年は前厄、来年は本厄。大変なことにならないように、でも前には進めていけるように。時間は思っているほど余ってはいない。

広告を非表示にする

それは鏡であり、光だった。

■映画『好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~』公式
http://www.honeyworks-movie.jp/2nd/


前作以上に自分の周囲で話題になってる感があり、仕事納め後観に行った。
事前の状態としては前作今作ともに予告は観ていて、前作自体は未鑑賞。
キャラクター・ストーリー等も前作含めて情報は入れていない状態。

「普通に」楽しめた。普通に。
瀬戸口雛を中心とする登場人物の多くは誰かが誰かに恋をしている。しかしそれがうまく噛み合っておらず、悩み、泣き、怒り、時に動揺をする。そういったことを素直に描写しているのもあり、真剣だからこそ不純物なき想いというのがスクリーンからこちらにまっすぐ飛んでくる。
この映画は鏡であり光でもあるのだと思った。故に自分を問い正される。その純粋な光が眩しくて直視出来ないか、光を受け止めてどこか未鑑賞者の方へ向けて反射したいか、それとも光と同化してしまうのか。それは恐らく人それぞれとなるのだろう。

さて、そのように早々に認識した上で個人的な結果は「全くもって何ともありませんでした」であった。繰り返すが、何ともなかった = つまらないではない。なんというか、自分にとってあれは「完結した物語」だったのだ。

----------

自分にだって、気になる子というのは年相応にいたのだと思う。ただ見た目にも性格的にも暗かったため上手くいくはずはなく、ようやく実を結び初めて「彼女さんがいる」と言える状態になったのは19の頃。その時まず思ったことは今でも自分への約束として心に残り続けているし忘れもしない。「これが最初で、これが最後」。
自分にとって最良とも思える魅力ある存在であり、仮に別れたとして次に行けるほど器用ではないというのもあり…。他にもいくつか理由があって最後だなと覚悟をし、自分なりには色々頑張ったし、考えもした。

最終的に、ハッピーエンドとはならなかった。
今思えばポイントポイントで他に打つべき手があったとは思う。しかし当時の自分の状況を照らし合わせるに選択肢が余りに乏しく、なるべくしてなった手詰まりと言えた。今なら打てる手は変わるだろう。それでも挽回戦を別個行うつもりが全くないのは、先の自分の約束を守る意味でもあり、「結果はうまく行かずとも自分の好きな人はあの人だった」を通したいためだった。
上書き保存も名前をつけて保存もしない、3つめの残し方。

それから10余年ほど経ち、ハッピーエンドにならなかったその後日譚のような出来事が発生。考えを整理するには十分過ぎる時間とそれを経て迎えた出来事により、一連の流れに対する考えが完結。恋愛に関して自分がこの人生で出来ることは、やり終えた。結果はともかく、出来ることをした意味でも満足している。

----------

15年前だったら寝込むレベルの致命傷を負う映画だったかも知れない。
しかし恋愛に対する考えが自分の中で完全に結論が出てしまっている今となっては「そういう風に悩んだ時期もあった」という共感に留まり、生まれ揺り動かされるはずの感情は既に箱に閉じられ、光や鏡を前にも動じない。とは言えそれは個人的な事情でしかないので、今を生きる子たちには輝きを受け止め、自らも輝いて欲しいと思う。または未練を残しているのなら、もう一度輝こうとする勇気を。
その辺り再認識出来た意味でも、あの映画はやはり鏡であり光であり、行った価値はあったと感じた。

呉/江田島・佐世保/長崎・舞鶴探訪記(総括編)

艦これを始めて3年強になる。
自分の中で艦娘というのは「人のかたちをした導き手」という擬人化本来の機能を変わらず果たし続けている。ビジュアル的にこの艦娘がかっこいいかわいいとかはあるけれど、それはまた別の話だ。
旧海軍の艦船や、海自の護衛艦の名前を見た時、同じ名前・由来の艦娘がいればまずそちらを思い浮かべる。そこに紐づく形で過去の歴史や現在について記憶から引っ張り出すなり調べたりする。それで良いのだ。人は人のかたちをしたものは認識しやすいのだから、単に艦の形やテキストだけで紐付けるより余程憶えるというものなのだ。
そのような位置づけであることから、飽きたからといって用済みとなるような扱いはない。艦これを超える規模の擬人化が出現でもしない限り、導き手としてこれからもずっと機能をし続けるだろう。

さて、艦これを始めて1年ほどは、最寄りの旧鎮守府ということで横須賀によく足を運んでいた。しかし横須賀だけを見て他を見ないというのは「それはちょっと無いな」と思うようになり、順に巡っていったのがそれからの2年となった。以下、備忘録も兼ねた各地の印象や参考にした書籍・サイトなどを記すとする。

**********

■呉・江田島

f:id:Yumeka:20141122161930j:plain

f:id:Yumeka:20141124102430j:plain

呉・佐世保舞鶴のうち、最もアクセスしやすく最も規模が大きいのも呉。
広島空港は山の上という大変辺鄙な場所にあるが、空港から呉直通のバスが出ており、現地で切符を買うだけで良い。飛行機の到着が遅れた場合はバスの方が調整してくれる。うっかりバスを乗り間違えて広島駅に出てしまっても、呉までは50分程度といったところでそれほど遠くはない。


▼参考にした本

呉・江田島・広島戦争遺跡ガイドブック

呉・江田島・広島戦争遺跡ガイドブック

 

呉・江田島の史跡巡りは実質的にこの1冊で事足りるほど極めて優秀な本。読んでみればすぐにわかるが「これを全部行くのは無理だ」というような膨大な量が掲載されており、その全てが詳しい。もとは7年前に刊行され映画「この世界の片隅に」の公開にあわせ増補改訂版が発売されており、今なら入手が容易でもある。
呉への旅行予定がなかったとしても勉強になるし、旅行にあたっての予定を組む際も大変頼もしい。「つべこべ言わず買え」とまで言える本。

▼参考にしたサイト
海上自衛隊呉地方隊:日曜日の一般公開
http://www.mod.go.jp/msdf/kure/info/facilities/

海上自衛隊第1術科学校:見学案内
http://www.mod.go.jp/msdf/onemss/kengaku/

呉へ行くにあたり気をつけたいのが、基地および庁舎の見学は事前予約が必要になっている点。旅行した時にはまだこの制約がなかったが、毎週公開しているにも関わらず基地見学者がかなり多く、セキュリティや混乱の都合でそのように変更したのかなという気がする。
なお江田島にある第1術科学校の見学には事前予約が必要ない。


▼印象や見るべきポイントなど

仕事や金がどうとでもなるなら引っ越したいと思っているほどお気に入り。過ごしていくのにちょうど良いような賑やかさと穏やかさを備えていると感じた。休日はボランティアガイドが積極的に活動していたことも印象的だった。
また呉は米軍基地が横須賀や佐世保のように大々的に展開されていないので、そういった意味でも旧軍港都市としての雰囲気を強く伝えている。

見るべきポイントとしては真っ先に長迫公園(呉海軍墓地)を挙げたい。膨大な数の慰霊碑が並んでおり、物言わぬ歴史の悲痛さと重みが辺りに漂う静かな場所。それ自体が口を開き語ることはなくても、感じる何かはあるだろう。
江田島へはフェリーに乗る必要があるが、面倒がらず行くことを勧める。ここには改装時に取り外されたおかげで沈没から免れた戦艦陸奥の砲塔の現物が残っているからだ。今でも訓練に使われているとのこと。
陸奥と言えば、大和ミュージアム前に展示されている陸奥の41センチ主砲と、今年の夏にお台場船の科学館前から横須賀ヴェルニー公園へ移設された41センチ主砲は同じ4番砲塔のものだそうだ。呉が左砲で横須賀が右砲。どうせなら両方見ておくと良いと思う。
海自基地は在籍艦が最も多いことから、よほど出払っていない限り結構な数を一度に見ることが出来る。

----------
佐世保・長崎

f:id:Yumeka:20151123101152j:plain

f:id:Yumeka:20151124092114j:plain


佐世保へ向かうには長崎空港を経由、そこから乗り合いのシャトル便を利用する。このシャトル便には予約が必要で、争奪戦になるほどでもないとは言え予め手配する必要があることから、呉よりは若干のアクセスのしにくさを感じることは否定出来ない。佐世保から長崎へは普通に電車で移動した。


▼参考にした本

呉に行った時はまだこの本が発売されていなかったので、佐世保から参考にした。紹介としては広く浅くの方向で、この1冊では到底まかない切れないが、各都市の雰囲気を掴むには十分だろう。個人的には艦船オススメ撮影スポットの紹介が、行動範囲を決める足掛かりとして役立った。実際には紹介されたところ以外からも見ているが、何も情報がないよりかは遥かに良い。


▼参考にしたサイト
長崎空港-佐世保間 定期シャトル便
http://www.jumbotaxi.info/


出発30分前までは受け付けているそうだが、早いに越したことはないだろう。

▽歩鉄の達人:廃線探索 ジョスコー線http://www.hotetu.net/haisen/Kyushu/120709JapanOilStorageCo.html
▽近代化産業遺産 総合リスト
http://kourokan.main.jp/heritage-sasebo.html
海上自衛隊佐世保地方隊:艦艇一般公開
http://www.mod.go.jp/msdf/sasebo/2_pr/1_kurasima/
▽さざなみ壊変:艦これ 世界遺産候補の長崎造船所には武蔵を建造したクレーンが残ってるぞ!
http://sazanami.net/20131117-kancolle-musashi-mitsubishi-nagasaki-shipyard-gantry-crane/


呉があまりにもよくまとまりすぎているだけとも言えるが、佐世保は1箇所にまとまった詳細な情報源にはやや乏しく、検索しては足していく作業の繰り返しとなった。何処を巡るのかを決める点では呉・佐世保舞鶴のうち最も手間がかかっている。艦これを機に来訪した人も多いので、そちらも参考とした。
歩鉄の達人(http://www.hotetu.net/)さんの情報量は驚異的で、舞鶴来訪の際も参考にさせて頂いているが、実際に歩いてみるとひとつひとつが結構な距離だったりしているので、とんでもない労力がかかっていることを身をもって経験した。このような方がいるおかげで、知り得なかったことを知る機会が出来たというものだ。感謝しかない。

近代化産業遺産リストでは佐世保のれんが倉庫が集中的に取り上げられており、佐世保もまた数多くれんが建築が残る地なので大変参考となった。なお呉と違って佐世保の海自基地に予約は必要ない。
長崎についてはさざなみ壊変さんを参考にさせて頂いている。


▼印象や見るべきポイントなど

駅を西に出て横断歩道の先がすぐ港。行った日は海保の船が駅から100mくらいの距離には停泊しており「こんな近くに!?」と驚いたのを覚えている。しかも船は間近まで寄って見て良い状態となっていた。穏やかな雰囲気あってこそ成り立つのだろう。JRの横須賀駅から水辺までも距離感は似たようなものだが、そこまで間近に海自・海保の艦船を見ることは出来ない。
地方都市としての賑やかさは呉と似たような感じで買い物にも不便は無い。港はその中心部を主に米軍が使用しており、佐世保公園ではすぐ脇で米軍の軍人さんが走っていたりもした。街なかであちらの方をよく見かける感じは横須賀に似ている。

個人的な見所としては正規空母赤城の三段甲板→全通甲板改装や戦艦武蔵の艤装工事が行われた佐世保海軍工廠第7船渠(廃線探索:ジョスコー線で言うところの⑩辺り)、海上自衛隊佐世保史料館、それと東公園(東山海軍墓地)。呉ほどではないにせよこちらの海軍墓地も結構な敷地面積と数多くの慰霊碑が並んでいる。
れんが建築物は近くで見ることが出来るものとして、西九州倉庫前畑1号倉庫が良い。市の景観デザイン賞にも選ばれたことがあるらしく、ものすごい重厚感と威厳を放つ建物だった。

長崎については三菱重工業長崎造船所史料館は外せない。企業敷地内につき直接行くことは出来ないので、長崎駅前から専用バスで行くこととなる。その近くには戦艦武蔵が建造された同造船所第2船台、および明治日本の産業革命遺産に認定されたジャイアント・カンチレバークレーンがあるが史料館側からでは見えにくい(というか近すぎて全部が見えない!)ので、反対岸から見ることになる。グラバー園は見晴らしこそ良いものの距離が若干離れてしまうので、小菅修船場跡へ向かう途中で見るのを勧める。
小菅修船場跡は只の使われなくなった跡地にしか見えないが、ここの小屋が現存する日本ほぼ最古の本格的れんが建築。舞鶴の赤れんが博物館でも紹介されている。

あと板焼妙高がめっちゃ美味かった。佐世保はともかく長崎の艦船絡み以外の観光が足りていないので、次に来訪した時もまた行こうと思う。

----------
舞鶴

f:id:Yumeka:20161121101955j:plain


空路経由で行けない、または行きづらい街。京都まで新幹線で向かい、そこから特急まいづる号に乗って東舞鶴へ特急料金込みで3,340円。広島空港~呉のバスで1,340円、長崎空港佐世保のシャトル便で1,500円に比べると明らかに金がかかる。旅行している時点で交通費が余分にかさむくらいは気にするものではないが。


▼参考にしたサイト
舞鶴市舞鶴日本遺産構成文化財マップ
https://www.city.maizuru.kyoto.jp/kyouiku/cmsfiles/contents/0000001/1467/2nihonisan.pdf
まいづる観光ネット:パンフレット・ガイドマップ
http://www.maizuru-kanko.net/pamphlet/index.php
▽歩鉄の達人:廃線探索 中舞鶴線
http://www.hotetu.net/haisen/Kansai/160228nakamaizurusen.html
▽歩鉄の達人:廃線探索 日本板硝子舞鶴工場専用線
http://www.hotetu.net/haisen/Kansai/160228nihonitagarasumaizurusenyousen.html
海上自衛隊舞鶴地方隊:見学に際して
http://www.mod.go.jp/msdf/maizuru/kengaku/index.html

旧軍港4都市が日本遺産認定されたことを受けて作られたパンフレットに、元が何の建物だったかまで細かく掲載されている。呉なども同様にパンフレットは作成されたもののこんなに詳しくはない。「パンフレットは大体あんまり役に立たない」と思いがちなところで衝撃を受けたとともに、大変役に立った。7〜8割くらいこれで足りていて、あとはこれを足掛かりに検索。
歩鉄の達人さんはここでもお世話に。舞鶴佐世保同様、海自の見学関連に予約は必要ない。基地・記念館だけでなく航空隊も見学が可能というのは、呉と佐世保にはない特徴だ。


▼印象や見るべきポイントなど

旧軍港4都市の中で人口が8万人台と飛び抜けて少ない。呉や佐世保は23~25万人。とても一大地方都市とは言えず「地方のまち」でしかない。そのため、夜に観光客向けのメシ屋を含むスポットを探すのにも苦労する。かなり静まりかえってしまうため、結局日没後はホテルの中か近くのスーパーマーケットでその日に水揚げされた地元のものを部屋で食うか、といった感じになった。メシにあまりこだわらない自分でもこれはちょっと厳しい。
また東舞鶴駅舞鶴湾から徒歩15分くらい離れているので、駅を降りた直後は港町らしさを全く感じない。とりあえず駅を北に出たら線路沿いを西に歩くと、元は中舞鶴線だった4車線ある大きな通りに出るので、そこから北~北西へ向かう。そのまま旧線路が転用された道を辿って舞鶴湾に出るコースを強く勧める。でないと「ここは本当に港町か?」と困惑することになるだろう。

米軍基地が展開されていないため、(米軍エリアが狭い)呉と似たような雰囲気は多少は感じるだろうか。しかし賑やかさ加減ではもう全く比較にならず、港や記念館には気がつけば観光客は来るのだがそこ以外が本当にさっぱりという印象が強かった。
訪日外客は全く見かけていない。自動車の交通量自体はそれなり。

見所としてはやはり赤れんが倉庫群、特に赤れんがパーク内のあの建ち並び方はやはり素晴らしいものがある。イベントスペースや記念館として地元に密着する形で転用されているのは、今に生きる歴史として高く評価出来よう。
隣接する赤れんが博物館では、舞鶴だけの紹介にとどまらず全国の赤れんが建築物に関して広く紹介されている。「赤れんがの建物? まだそこそこ残ってるよね。横浜とか」みたいな大雑把さでなく、どういう経緯でといった学習がきちんと出来る。こういう知識は学生の時にもっと知っておきたかった。
パンフレットでは触れられていないが、ここにも海軍墓地がある。その場所となっている共楽公園は桜の名所ということで、春先に行くのならそちらも楽しめるだろう。

海自に関しては在籍艦は多くないものの、海に突き出る桟橋がない代わりに1km弱真っ直ぐに続く岸壁があり、一直線に艦が並ぶのが特徴。端から端まで歩いて見るだけでかなり充実感を得ることが出来る。桟橋は丹後街道のすぐ横にあるため、大型艦が停泊の際は道沿いからかなりのインパクトをもって見えることだろう。

**********

■平和産業港湾都市 旧軍港4市 - 横須賀・呉・佐世保舞鶴
http://www.kyugun.jp/

本来であればサブblogなんかでなくメインで取り上げるべきと思いつつ「写真が多すぎて整理がつかないから体裁が整えられない」といった理由でこちらにした。
歩いた距離は呉・江田島で33km、佐世保・長崎で50km、舞鶴で55kmで計138km。江田島と長崎で一部バス・タクシーを利用した以外はとにかく歩き倒した。自分の足を動かさなければ、他人の運転する何かでは景色は覚えにくい。

この世界の片隅に」で、再び呉が注目されている。先にも述べたように、旧軍港都市の中で呉はアクセスがしやすい部類となる。史跡を巡るにあたっての良書もあり、まずは呉に行こうと今だからこそ強く勧めたい。
語らずともそこにあり、今に残る歴史。ただしいつまでも残るとは限らないもの。
遠からず、また自分も再来訪をしていきたい。